トップページ > ブログトップ > 恵比寿の英会話スクール 英会話表現5

Global Tool

恵比寿の英会話スクール 英会話表現5

2018.01.24 Blog 未分類

Global Tool  恵比寿の英会話スクール



5. It depends.

時と場合によります。/一概には言えません。

この表現は、
一つの答えを返せないような時に使います。
詳細な説明をする前に一言添えてもいいでしょう。

Do you cook everyday? – Mmm, it depends.
毎日ご飯を作りますか?
うーん、その時の状況によります。

また、「depend」という単語の後に
「on + ○○(=名詞)」を付けて
「○○によって決まります」という表現もよく使われます。

It all depends on how you think about things. 
物事はあなたの考え方で決まります。

6. (It’s)up to you.
お任せします/あなた次第です

何かを決める際の決断を
誰かにゆだねる時に使います。

何を食べたいか、どこのレストランへ行きたいか、
相手に決めてもらいたい時、自分では決められない時に
使える表現です。

Do you want to go to that park? – It’s up to you.
  あの公園に行きたい?
あなたが行きたいなら行きますよ。

7.No way
絶対嫌だ/ありえない

例えば絶対にやりたくないことを勧められた時や、
信じられないような話を聞いた時などに遠慮なく使いましょう。
「NO WAY !」

8. None of your business
あなたには関係ないことです

親切心かまたはただのお節介か。
ちょっとしつこい・・・と思われる相手に使える表現です。

また、よく似た表現で、
「Mind your own business
(自分自身の心配をしなさい=人の事に首を突っ込まないでください)」
という文章もありますので、いっしょに覚えておくとよいでしょう!

9. I did it
やり遂げました

目標を成し遂げた時、
その喜びを表現する時に使われます。

I passed the test! I did it! 
試験に合格したの! やったぁ!

また、
主語を「I」以外に変更すると
相手に対する称賛の表現となるので
ぜひ応用してみてください。

They really achieved the target? Wow, they did it! 
彼ら、本当に目標達成したのかい? すごいよね!

10. Just in case
念のために/万が一に備えて

用意周到なあなたがよく使う表現ではないでしょうか?
このフレーズも便利ですね!

「どうしてそんなことをしているの?」
と聞かれたら一言「Just in case」。

これだけでも使えますが、
前後に文章を付け加えることもできますよ。

I’ll bring my umbrella just in case it rains. 
雨が降った時のために傘を持っていきます。



ページのトップへ

恵比寿校主要駅からのアクセス

六本木から恵比寿まで日比谷線で6分

新宿から恵比寿まで山手線で8分・新宿三丁目から副都心線で10分

自由が丘から代官山まで東横線で8分

表参道(明治神宮前)から恵比寿まで10分

銀座から恵比寿まで日比谷線で15分

品川から恵比寿まで山手線で13分

横浜から恵比寿まで東横線/
JR湘南新宿ラインで35分

東京メトロ日比谷線
中目黒駅から徒歩7分

代々木から恵比寿まで山手で7分

目黒から山手線で2分

中目黒駅から恵比寿まで徒歩10分